FC2ブログ

ふたりの道

てくてく道を歩く女の子がいました
ある日 女の子はいくつもの道が交わる広場にでました
どの道に進めばいいのかわかりません 
振り返っても来た道もわかりません
不安で寂しくて疲れてしゃがみこんでしまいました
広場の真ん中にひざを抱えてしゃがみこむ女の子に
「どうしたの?僕はこっちへ行くよ一緒にくるかい?」
たくさんの人が女の子に声をかけました
女の子は下をむいて首を横にふるばかりです
そんなとき どこからかの道から来た男の子が
女の子の手を引っ張りました
女の子は立ち上がり手を引かれるまま男の子と歩き出しました
男の子はどこに行くともどこに行きたいのかも何も言いません
ただ女の子の手を引いて歩くだけです

歩き出した二人の前に大きな壁が現れました
男の子はその壁を越えていこうとします 
女の子は大きくて高いその壁を越える勇気がありません
怖くて男の子の手を離し広場に戻ろうとしたとき
男の子は女の子を抱え上げ壁を越えました
男の子に抱えあげられながら壁を越える瞬間
女の子は壁のむこうの 

ずっと遠い先に明るく照らされた長くまっすぐ続く道を見ました

壁をこえたらまたすぐに大きな壁がありました
大きな壁を女の子を抱えて一人で越えた男の子は
その壁の前で力尽きてしゃがみこんでしまいました
一人で壁を越える力すら残っていません
女の子には男の子を抱えて壁を越える力はありません

壁と壁の間でしゃがみこむ男の子を女の子は見ていることしかできません

女の子は目の前にある大きな壁を少しづつ壊しはじめました
毎日少しづつ小さな力でこつこつと何日もかけて壁を崩しはじめました

そして今度は女の子が男の子の手を引っ張りました

男の子は女の子の手を取り立ち上がりまた歩きはじめました

女の子も立ち上がり歩き出した男の子の腕をつかみ歩きだしました

すると今度は大きな山が現れました上る山道は急で険しく
二人ともくたくたです
女の子はつかんでいた男の子の腕をはなしました
二人はしっかり手をつなぎ合いそれぞれの足でそれぞれの力で
急で険しい山道を登ってゆきました

頂上につくと現れたのは大きな山の向こうに
長く広くまっすぐに続く明るい道でした

男の子と女の子はつないだ手をぎゅっと握りしめて

またその明るく長いまっすぐな広々とした道をゆっくり歩きはじめました


                                       

                               おしまい♪



相方とすずめの歩いてきた道

歩いてゆく道をお話にしちゃいました ぷっ

会話や思いがないのは覚えてないからです

実際 歩いてきた道を振り返っても

記憶に残っていたのは感情だけで

その時の思いを言葉に表せば 今の私の言葉になってしまい

表現できませんでした

過ごしてきた時間は今の私には表現することはできません

そして 進んでゆく道もこう進んでゆくのだとわかっているだけで

そこに何が起こるのかまったくわかりません

今の私にわかるのは

相方としっかり手をつなぎ一本の道を歩いてきて

この先も歩いてゆくのだということだけです



手をつなぎ

それぞれの足で

それぞれの力で

同じ道(人生)を

歩いてゆく

それが夫婦なんだなぁって

今 思っています♪   

キャハハ なんか恥ずかしいけど

相方を心から 愛しています 大好きです♪






ランキングに参加しています♪
    ↓ ↓ ↓
応援宜しくお願い致します ぽちっとナ♪
    ↓ ↓ ↓

  



スポンサーサイト



相方はペンキ屋さん

今日の相方は

朝 6時起きでゴルフに出かけて行きました

好調を祈って送り出しましたよぉ♪

フレーフレー♪

大袈裟だって?アハハ

最近 不調らしく 

応援しずにいられない すずめでございます



昔(まだ交際して間もない頃)

ペンキ屋さんと言うと

相方に「塗装屋だ」と良く言い直しさせられました

確かに ペンキ屋さんって響きのイメージってありますよねぇ

その頃の私の中では ちょっぴりダークなイメージ

(全国の塗装屋さんごめんなさい><)

ペンキ屋さんと言えば すぐに思い浮かぶのは

塗料で汚れてしまった作業着に茶髪のキムタク巻き

そんな感じかなぁ・・・

実際 私の実家も商売をしていて

職人さんの中で育ったこともあって

職人さん=口癖はバカヤロー 

とインプットされてるのも加えて

イメージはワイルドでちょっぴり怖い?そんな感じ



なので うちの相方に初めて会った時

まさか職人さんだとは思いもしませんでした

穏やかな気性と爽やかな笑顔

清潔な身なり

え~ ペンキ屋さんなのぉ!! って感じで

失礼にも だってキレイぢゃん!と思ってしまいました(ぶっ)

オンとオフがしっかりしてるんでしょうね

今でもまったく 職人さんには見えません

作業着姿の時ですら

どっかの会社の技術部の方かしらぁ?って感じです



一緒に暮らすようになって初めて

作業着や髪や体に塗料が付いてるのを見て

あぁ 現場で働いてるんだなぁって実感しました

真夏の炎天下 真冬の寒さの中

本当にご苦労様です



でもやっぱり 中身は職人さんですねぇ

私がうっかり寝坊して 

朝食の仕度が間に合わないことに

言い訳しようもんなら

「バカヤロー 気がないから起きれんのだっ!」と一喝

コーヒーすら飲まずに仕事に出かけていきます

後ろ姿に握りこぶしであっかんべぇぇぇぇぇっ!ですが

そんな日は 一日なぁんか気分が悪くて

ごめんねぇって思っちゃいます 反省 反省 (ぶっ)

気持ちよく送り出すって

自分のためでもあるのねぇ なんてことを覚えたりもしました



ぇ? それから寝坊してないのかって?

そんな時は 素直に悪いなっって思って

気持ちを込めて誤ります

起きれなくてごめんね お腹すいちゃうねって

「本当だは バカヤロー」と言って笑顔で出かけていってくれる相方に

ありがとう ごめんねって思いながら

相方の喜びそうな夕食のメニューを考えるとこから一日が始まる

こんな何でもない毎日を幸せだと感じられること

相方に感謝です ありがとぅ♪



































プロフィール

すずめ

Author:すずめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード